このサイトでは水道修理は自分でできるのか知りたい人におすすめの、修理に必要な道具と交換方法をご紹介しています。
業者に頼らない修理についての情報を扱っているサイトです。
水道の修理の前には、止水栓を閉めてこれ以上の水漏れ防止をすることが大切です。
これにより無駄な水が流れてしまうことを防ぐことができます。
またパッキン交換が必要な修理なら、パッキンを交換することで自分で直すことができます。
パッキンや用具があれば自力で直すことが可能です。

水道修理は自分でできる?修理に必要な道具と交換方法をご紹介、業者に頼らない修理とは

水道修理は自分でできる?修理に必要な道具と交換方法をご紹介、業者に頼らない修理とは 水道修理が必要になった場合でも、できることなら業者に頼ることなく自分で直したいと考える人もいるのではないでしょうか。
水道の故障内容にもよりますが、簡単な修理なら自分ですることも可能です。
例えば水道の蛇口の場合、水漏れをしている箇所のパッキンが劣化して水が漏れていることが多くあります。
例えばパイプの先やハンドルの根元、壁戸の隙間などが水漏れ箇所として考えられます。
もしこのタイプの水漏れなら、劣化したパッキンを交換することで直すことが可能です。
これらの修理をする前には、予め止水栓を止めて、水が流れないようにすることが大切です。
水道修理の道具としてはモンキーレンチやトルクレンチ、水栓レンチ、ドライバーなどが必要になります。

水道修理をしなければならない原因を確認しておく

水道修理をしなければならない原因を確認しておく どのような家であっても建物であっても、水回りが存在します。
特に人が出入りしているところは、間違いなく水回りが存在するといったようです。
水は非常に大事なもので、これがなければ人間は暮らすことができません。
古代の時代の人も、水が豊富な大きな川の近くに居住を構えその地域に文明が栄えていますが、昔から人間は水との関わり合いが非常に大切になっていることがわかります。
最近であれば、洗面所やトイレそしてキッチンなどがそれぞれの家にあり、何気なく利用していますが非常に重宝するわけです。
重宝している事はなかなか気づきにくいですが、トラブルが発生した場合初めてこれに気がつくかもしれません。
もしトラブルが発生した場合には、原因を探求しよくわからない場合や原因がわかったけども直すことができない場合には水道修理業者に任せると良いかもしれません。
水道修理業者に依頼する場合、一体どれぐらいの時間がかかるかは事前に確認をしておきましょう。
基本的に、修理内容によって大きく異なります。
すぐに修理が完了するものならば、わずか20分程度で終わることが多いです。
しかし、完全に床下の配管等が壊れている場合には数日かかるケースもあります。

蛇口やパッキンは劣化することを抑えておけば水道修理に慌てないで済むことも

水道設備については、一度設置してしまえば半永久的に使用できるものと理解している人が多いかもしれません。
確かに最近では品質も向上してきており事実上そのように使えることも多いですが、物理的には決してそうではなく、蛇口とかパッキンは劣化するものとしっかり認識しておくことで、水道修理の際に慌てなくて済むこともあります。
別に水道修理だけに限りませんが、物と物とがこすれ合う箇所は次第に摩耗していきます。
最終的にはそれが進行して使い物にならなくなってしまうわけで、水道でいえばパッキン部分から水漏れを起こしたりすることになるわけです。
まともな設備であれば、このように損耗を起こす箇所は取り換えができるようになっています。
水道管そのものが健在でもパッキンが劣化してしまったために設備全体を取り換えるなどということはあまりにも不経済ですから、傷んだ箇所だけを交換すれば済むようになっているのです。
これを知っておけば、変な誤魔化しに惑わされることもありません。

普段は使わなくてもドライバーやゴム手袋を水道修理のために備えを

水道修理は専門業者だけでなく、簡単なものは自分で行うこともできるトラブルもあります。
例えば、蛇口から水がぽたぽた落ちる水漏れは、内部のゴム製パッキンの経年劣化が原因でマイナスドライバーで止水栓を閉じてから、ハンドルを取り外し内部のパッキンをピンセットなどで取り出し新しいものに交換すれば終わります。
ハンドルの種類にもよりますが、水栓金具を分解するときにはモンキースパナやプラスドライバーなど工具も必要なケースがあります。
トイレのつまりなどの水道修理も、バケツやゴム手袋、ラバーカップなどの同類を揃えておけば自らつまりを解決できることもありますので、普段は使わないけれどもドライバ類やゴム手袋、ラバーカップやバケツなどを準備しておけば急に水道修理が必要になった際にも自ら修理ができるわけです。
なお、水道修理ではどのような工具があると便利であるのか、インターネットを使うことで修理方法や必要な工具を解説しているウェブサイトがあるので参考にされると良いでしょう。

水道修理は簡単な水漏れなら自分で直せるため、まずは原因の特定を

水道トラブルが発生した場合、原因や状態によっては自分で直せるケースもあります。
修理業者に依頼すると費用も高くなるので、まずは原因を特定することが大切です。
水漏れの原因として考えられるのは、まずパッキンや給水ホースなどの劣化です。
長年使用していると蛇口内のパッキンなどが破損することも少なくありません。
その際はホームセンターで同じパッキンやカートリッジを購入して自分で交換すれば、修理できます。
ただし古い型の場合、同じパッキンは取り扱われていないこともあります。
その場合はメーカーに問い合わせてみましょう。
水漏れ原因が蛇口本体の寿命や故障と関係しているなら、蛇口を取り替えなければいけません。
蛇口の種類や型によっては、専門業者に頼む必要も出てきます。
さらに配管の奥に何かが詰まっているためにトラブルが生じているときは、自分で直すのは難しいです。
専門業者に水道修理をしてもらうのが賢明です。
ときには何が原因か特定できないこともあります。
原因が分からないときや自分で水道修理が困難なときは、早めに業者に相談すれば安心です。

蛇口の水道修理を自分ですることは可能である

蛇口は毎日使うので壊れる可能性が高いパーツです。また、使用期間が長くなり劣化してくる場合もあります。
蛇口から水漏れなどが生じる場合、水道修理が必要になってきます。
水道修理屋さんに修理を依頼することもできますが、いくつかの工具があれば自分で直すことも可能です。
水漏れが問題であるなら、パッキンが劣化しています。
ホームセンターに行けば、格安でパッキンを購入することが出来ます。
モンキーレンチがあれば取り外しは出来ますので、それほど難しくはありません。
注意点は少しでも緩いとそこから水漏れが生じるので力が必要だという点です。
力が弱い女性は少し難しいかもしれませんが、挑戦してみることが出来るでしょう。
簡単な修理を自分で行うなら節約になりますし、すぐにトラブルを解決することが出来ます。
水の元栓を閉めれば大きな問題になることもありません。水道修理が必要になっても慌てずに冷静に対処することが大事であると言えます。

水道修理を依頼して配管からの水漏れを直したいときには

配管から水が漏れているために水道修理を依頼する必要があるという人もいるのではないでしょうか。
そのようなときには、まずどのような配管から水が漏れているかに注目する必要があります。
その管の種類によって依頼するべき会社が違ってくる可能性があるからです。
上水道の給水管から水が漏れている場合には、住まいのある自治体の指定を受けている上水道の工事会社に水道修理を依頼する必要があります。
一方、下水道の排水管からの水漏れを直したい場合には、同じように自治体指定の下水道の工事会社に依頼して直してもらいます。
工事会社の中には上水道でも下水道でも指定を受けている会社もありますが、どちらか一方の指定しか受けていないところもあるのが特徴です。
しかし上水道の工事をして貰うなら上水道の、下水道の場合には下水道で指定されている業者を利用する必要があることは知っておきたいところです。
持ち家の場合には自分で業者を探して依頼しますが、賃貸住宅の場合はまず大家さんに相談します。

水道修理のトラブル解消は業者に頼むべきか

どんなに丁寧に扱っていたとしてもいずれは壊れてしまうのが水道などの水回りであり、水回り関連のトラブルは人々の生活において大きな不便をもたらします。
水道修理は業者に依頼することが基本ですが、業者に依頼すると費用がかかるので避けたいという方も多いのではないでしょうか。
水道修理の中でもパッキンの交換等であれば、DIY感覚で行うことも出来ます。
実際にホームセンターでも交換用パッキンを販売しています。しかし、症状が深刻なものであれば個人で修理するのは困難です。
専門知識を持っていない人物があれこれと動かすことにより、症状を悪化させてしまうケースもあります。
そうならないように業者へ依頼することをお勧めします。
一括で支払うことが難しい場合には、分割での支払いに対応している業者を見つけることが大切です。
クレジットカードの機能で分割にすることにより、一括でお金が出て行ってしまうことを防ぐという方法もあります。

水道修理は優良サービスを提供している所を利用すると安心

日常生活のなかで水道修理が必要になることもあるかもしれませんが、そのような場合は専門的にサポートをしてくれるところを見つけるのが大切なことになるはずです。
一般的に水道修理を依頼できるところであれば、大抵の問題は解決していくことができると考えられます。
しかし水道修理で問題が解決したとしても、高額な料金を請求されてしまうと、かなり負担が大きくなるかもしれないです。
そのため最初に料金設定をチェックするのが重要になってきますから、その部分で問題がないのかを確認しておかないといけません。
最初は低額の料金でサービスを提供していたのに、途中から追加料金を負担しなければいけない状態になることも少なくないので、インターネットなどで口コミを確認しておくのがいいかもしれないです。
水道修理の優良サービスを提供しているところは、口コミでも高評価になっていることが多いので、そのような場所を選べば安心して修理を依頼することができると考えられます。

水道修理は箇所に応じて料金が大幅に異なる

水道修理を行う箇所により、料金は大幅に異なります。
例えば水漏れの場合には漏れている場所に応じて費用が掛かります。
台所の老衰の場合は1万円から6万円前後、浴室の場合には1万円から3万円、トイレは1万円から5万円、洗面所の場合は2万円から、床下などの場合は10万円前後必要となることが多いです。
蛇口は場所や形状により多少費用が増減し、交換しなければならない場合は蛇口代も必要となります。
2万円から10万円前後とみておくと問題ないといわれています。
排水溝などのつまりの場合は掃除する方法に応じて費用が異なりますが、1万円から5万円前後である可能性が多いです。
ただし、屋外の水道管の漏水修理は5万円から10万円前後かかることもあるため、事前に見積もりをもらって納得できるところへ依頼することが大切となります。
水道修理は業者ごとに設定している料金が違うため、事前に見積もりをもらってから申し込むとトラブルが少ないです。

水道修理はメンテナンスを行っていると問題を起こしにくくなります

自宅で起きてしまう水漏れの問題は、その都度水道修理会社に依頼をすることで解決することができますが、日頃からのメンテナンスも忘れずに行うことは大切なことです。
方法は簡単でまずは排水管内部に蓄積されてしまう汚れを落とす作業があり、ホームセンターで購入できるパイプクリーナの中で、各所に適した洗浄剤を購入し、定期的に使用することで詰まりを起こさない環境を作り出せます。
パイプクリーナーは固着している汚れも溶かして流す効果があり、通常はキッチン用、バスルーム用、洗面台用は共用できますが、トイレは専門の洗浄剤を使うことも一般的です。
他にも高圧洗浄機を各排水口内に使う方法もあり、汚れを一気に排水管の奥まで流すことを可能にします。
蛇口に関してはある意味ではメンテナンスを施す特別な方法はありませんが、汚れが目立つようであれば普通の住宅内用の洗浄剤とスポンジで磨く程度で問題はありません。
このような作業を反復して行えば、水道修理が必要とされる間隔を長くすることができます。

急な水道修理が必要になっても夜間対応する会社があるので安心です

会社から帰宅をした際に、自宅内の水道蛇口から大量の水漏れが起きているような場合、止水栓を閉めることが最初に行うべき行動です。
会社が休みになる週末まで修理を依頼することができない方は、ネット上から探せば夜間営業を行う水道修理会社のホームページを探せるので、営業エリア内の会社を探して電話を掛けて状態を伝えるだけで修理を行ってもらえます。
このような会社は24時間営業をしている会社が該当しており、夜間の割増料金が発生しない会社、自宅までの駆け付けスピードが速い会社、更に見積もりを無料で出す会社であれば利用しても安心です。
通常は蛇口からの水漏れ修理の場合では、パッキン交換で済ませられることが多く、水道修理費も高額にはなりません。
ただし、蛇口本体に問題が生じている場合では、交換が必要になる可能性はあります。
パッキン交換でも蛇口交換でも30分以内で済ませられることが多いものなので、忙しい毎日を送っている方でも便利に使えます。

自宅内の水回りで水道修理が必要になった場合は自分で行うことも可能です

自宅内の各所水回りの設備において、水漏れやつまりなど水道修理が必要とされた場合、内容次第では自分で行うことも可能な範囲があります。例えば蛇口や混合栓の水漏れの場合は、プライヤーや六角レンチがあれば分解をしてパッキン交換だけで簡単に水道修理を済ませることがでる範囲です。見えている箇所での排水管や給水管に穴が開いてしまった場合、通常では修理会社による交換が必要とされますが、2剤式のパテを使う方法があり金属に対応をしているパテであれば、穴を完全に塞ぐと共に周囲を多めに盛り付ける方法で完全硬化後には修理を完了させられます。この方法は樹脂製でも対応させることができ、見た目をあまり気にしない方であれば非常に簡単です。つまりに関しては状態による違いはありますが、自宅にラバーカップやワイヤーブラシが無いという状態で自分で行うには、針金ハンガーを伸ばして代用品とする方法で直すことは不可能な範囲ではなく、お湯と併用すると更に効果的です。

水道修理はお近くにホームセンターがあれば自前で解決できます

水回りのトラブルで水道修理が必要とされた場合、お近くにホームセンターが営業しているのであれば、殆どのパーツの販売を行っているので自前で解決することは可能です。例えは蛇口の水漏れで交換するパッキン、様々なメーカー品と場所に対応するパッキンは店内で見つけることができ、工具さえあれば自力で200円程度で交換可能な範囲です。水道修理の中にはトイレの水漏れもあげることができ、多くのケースで水栓タンク内のパーツに問題が出ているものです。この場合でも、点検をしてみて劣化している、若しくは破損しているパーツがあれば、ホームセンターでは各メーカー品に対応するパーツ類を販売しているのでやはり工具さえあれば難しい作業ではありません。事例をあげるとゴムフロートや浮き球、ボールタップなどが該当します。水漏れではなくつまりの問題で水道工事が必要になっても、同じように定番グッズのラバーカップ、真空ポンプ、ワイヤーブラシを購入することでつまりも解決できます。

水道修理するとき素人が行うとミスをすることが多い

水道修理をする場合において知っておきたいことは水道は複雑な仕組みを持っており、正確な知識と技術が必要なことです。素人が手を出すと、配管の接続ミスや修理方法の誤りなどが生じるリスクが高まります。これによって水漏れや漏電、更には設備の故障などが起こる可能性があります。 水道工事は法律や規制に基づいて行われるべきです。専門の技術者はこれらの法的要件を理解し、遵守することが求められます。素人が知識不足で工事を行うと、法的トラブルに発展する可能性があります。 さらに素人が行う修繕作業は一時的な改善に終わることが多いです。水漏れや詰まりの原因を正確に特定し、適切な修繕を行うことが重要ですが、専門家のない状態では問題の根本的な解決が難しく、再発する可能性が高まるでしょう。 水道修理は、専門の技術と経験が必要な作業です。専門家は問題の診断から修理、予防策までをトータルで考え、持続可能な解決を目指します。素人が手を出す前に、専門家に相談することが、長期的なトラブルを避けるための賢明な選択でしょう。

水道修理のプロは水道を専門に修理する人物

水道修理のプロは、水道を専門に修理する人物を意味します。水道修理の専門家は、水道管や水道設備を補修したり、交換することを専門とする専門家です。専門家であるが故、熟達した技術があり一般の方では修理できないような水道管ですら修理を行うことが可能な人物になります。なお、あくまで専門家であるというのがプロという名称になり、一般の方でもこの名称を名乗ることはあります。この名称は、明確にどの程度人物が熟達した技術を持っているかについては明確な決まりがありません。しかし、水道管を修理する事業者がこの名称を使用する場合、修理スタッフは高い専門知識を持ち水道施設を修繕できなければ名称を名乗る資格がありません。よって、この名称は水道施設を修繕できる人物であれば、誰もが該当する呼び方ですが、多くは水道施設を修繕する修理事業者の方に対して呼ばれる名称です。水道施設の修理会社のスタッフの場合、専門性を持つ人物であることを証明する証明書を所持することで自らが持つ専門性について証明することで自らを専門家であると証明します。一般の方の場合、自称という形で専門性を証明するため、信頼性については証明書を持つ人物より劣ります。

24時間依頼可能な水道修理業者に依頼しよう

比較的依頼しやすいお昼や夕方に水のトラブルが発生した場合は慌てる必要がありませんが、かなり夜中に水漏れが発生して家の中が水浸しの状態になってしまうと非常に困ってしまうでしょう。 しかし、今は非常に利便性の高い優秀な水道修理業者がいくつも存在しているので、いつでも緊急時に駆け付けてくれる有難い24時間受付可能な業者が多く登場するようになりました。 電話やメール一つで直ぐに水道修理の依頼ができることはもちろん、無料見積もりなども実施しているのでいくらかかるのか事前に知れる良さがあります。 また、水道修理業者には実績の豊富なプロの修理士が多く在籍しているため、どのようなトラブルであっても瞬時に判断して良い状態に直してくれる大きな安心感があるのです。 トイレ・バスルーム・キッチンなどの詰まりを解消できることはもちろん、井戸や排水管の工事なども確実に行うことができるので、用途に合ったところを見つけてぜひ依頼してみてはいかがでしょうか。

水道修理のおすすめHP

水道修理の依頼を大阪市平野区でするなら
鳥取県の水漏れ修理おすすめ業者比較